読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エーデルワイスの購入後レビュー |

シティ ストレートでの個人的な感想です.[87度 豆標準量]シティでは初めてなんですが、かなり不思議な風味の珈琲で酸味はほとんど感じなくなり ほろ苦さが前面に出る軽めのハードさを持った飲み口でミディアムの面影はありません。結構自己満足です。お冷でもうまいですよ・・・いわゆるコーヒー牛乳というやつです。

3月1日 おすすめ!

2017年03月01日 ランキング上位商品↑

エーデルワイスキリマン・エーデルワイス(200g)

詳しくはこちら b y 楽 天

[94度 豆標準量]個人的には口当たりの良さを感じさせる風味になりストレートでは一番好きな仕上がりに入りました。若干、キリマン・ジェニュインより酸味が強いような気がしますが、キリマン好きの主人は美味しいと言ってました。ブラックは苦手ですが、柔らかい酸味と苦味でそのまま頂けました。重すぎないのが好きな人にはお勧めです。温度は87度で試してます。おまけで手持ちにあったコロンビア・カチャルのミディアムも足してみた。[キリマン1:イパネマ2]やはり酸味がしっかり出てくるが!こく 苦みとももうひとつなのでやはりイパネマをシティローストにすべきだったかとちょっと反省しています。フルシティで頼んだので!ブラックで少し薄めのアイスコーヒーにして飲むと美味しかったです。[90度 豆2割増し]口当たりの良さはかわらずほんの少し苦みを感じるようになる酸味は感じるが気にならない程度にはなる。さすがキリマンジャロ。上品な香りと酸味をしっかり感じる珈琲です。ただし力強さやヘビーさを求めるとチョット違うかなと感じるとも思います。今回はブラジル産イパネマ ブルボンのミディアムとの相性を試してみました。ミデイアムストレートでの個人的な感想です。酸味が苦手な私個人的としては!キリマン・ジュニインが好きですが!サービス期間はこちらをリピートしたいと思います。エーデルワイスの個性はほとんど隠れてしまいわかりづらい感じです。ミディアムでいただいています。ミディアムローストにしたので酸味をしっかり感じますが!飲んでいて酸味に弱い私でもスーッと飲んでしまえる珈琲です。[84度 豆1割増で]酸味は87度より感じなくなり少しコクが増してくる、この何杯でも飲める感じは捨てがたい。温度は87度のみで試してます。今回はカフェビーニョ2012のシティローストとエーデルワイスのミデイアムで合わせてみました。たぶん大抵の人が薄いと感じるかも?[87度 豆1割増で]酸味は標準量より感じなくなるがそのままや比例して濃くなった感じです。程良い苦みも感じるがおおむねマイルドさがある組み合わせだと思う。[キリマン1:ビーニョ2]今度はカフェビーニョのシティがベースになるのでより力強い濃厚さが味わえます。昔から好きな豆の一つです。マイルドな酸味が中心のあっさりしたアメリカンになってしまいました。[キリマンエ1:イリガチェフ2]飲み口のスッキリした感じでイリガチェフ・ロイヤルのシティの特徴を際立たせる組み合わせに感じる。[番外 ミルクとの相性]かなりいい。キリマンと聞くと酸味をイメージしましすが!このキリマンは酸味より苦味のあるコーヒーと思います。[キリマン1:イパネマ1]不思議なことにバランス変えてもおおむね印象が変わらない。。とても美味しく飲めます。温度は87度で3杯分程で入れて見ました。酸味がとてもおいしいです。標準的な豆の量だと意外と美味しく入れるのが難しい豆ですが多めに入れると程良い感じになります。砂糖は入れても入れなくてもお好みでね。ロースとはフルシティで酸味が少なく、苦味が好きな人は一度飲んでみて下さい。多めに使うので★4つにしました。ミディアムですとあっさりと酸味を感じながら飲めると思います。ローストはフルシティで酸味が少なく、苦味と甘みが好きです。ぜひお試しを。[87度 標準量で]いつもは豆2割増ぐらいで入れてるのですが今回はきっちり量って入れてみました。何度かキリマン・ジェニュインが美味しくて購入していますが、今回はサービス豆ということもあって、こちらを購入してみました。次は他の組み合わせで試してみようと思う。もう一袋はシティでいただいていますので飲み比べが楽しみです。[キリマンエ2:イリガチェフ1]より飲み口がやさしくなるそれでもイリガチェフのシティが効いているのか酸味が勝ちすぎることはない。ちなみにキリマンエーデルワイスもミディアムです。それでも酸味はほとんど感じません。個人的にはフルシティ-がほどほどの苦味で一番美味しく飲めます。[キリマンエ1:イリガチェフ1:コロンビアカ1]いい加減な組み合わせだけどコロンビアカチャルのコクがいい感じで足されてなかなか良いマイルド系のブレンドになりました。今回はミディアムとイリガチェフ・ロイヤルのシティとの組み合わせを試してみました。これならシティもアリです。[キリマン2:ビーニョ1]基本的にはあっさりして酸味のあるエーデルワイスのミディアムですがカフェビーニョのシティローストを合わせることにより力強いコクが加わり飲みごたえのあるものに変えてくれる。[84度 豆標準量]この温度では苦みと焙煎の風味を持ったアメリカンに近い珈琲になります。豆によって本当に味が違うものですね。[90度 豆標準量]87度とあまり変わらない感じで!ちょっと何か入れたくなります。ミディアムでは酸味を味わう系統の物だと思いますが、ローストでも風味はかなり変わりますのでお店に相談してみるのもいいと思います。ロースト・シティで深い味わいのコーヒーで最高です。[キリマン2:イパネマ1]キリマンが支配的な風味で酸味がしっかりと感じられるが!苦みはほとんどなくコクもあっさりしているので濃いめに入れたいところです。